フォレスターTOPフォレスターの評価>フォレスターの買取相場と売り時と買い替え時期

スバル・フォレスターの買取相場と下取り査定から売り時と買い替え時期を探る!

 

フォレスターの買取
※フォレスター:subaru.jp

 

せっかくスバル・フォレスターを売るのだから、高額買取を目指したい!

 

このページでは、そんなあなたの為にフォレスターの高額買取テクニックや注意点、過去10年分のフォレスター買取相場データを分析したベストな買い替えタイミング等について紹介しています。

 

これを読んだ皆さんのフォレスターが、一円でも高く買取してもらえますように。

 

 

フォレスターで買取が高くなる組み合わせは?

フォレスターで買取が高くなる組み合わせは?

 

フォレスターで高い査定が出るグレードはコレ!

・全グレード

一般的に、中古車の高額買取を目指す上で、購入時のグレード選択は非常にウェイトを占めるものなのですが、スバル・フォレスターは少し事情が違います。

 

結論から言えば「どのグレードも人気があり、高額買取が期待できます」。

 

むしろ、フォレスターの高額買取のポイントは以下に紹介するボディカラーや状態(走行距離、キズ・汚れの有無など)にウェイトが占められているため、皆さんの個性にフィットしたグレードのフォレスターをおススメします。

 

ちなみに、ターボの有無(ターボエンジンか否か)については高額買取を目指す上で影響がないので、走りに対するこだわり如何で選ぶといいでしょう。

 

 

フォレスターで高い査定が出る人気色はコレ!

 

フォレスターで高い査定が出る人気色は

・クリスタルホワイト・パール
・クリスタルブラック・シリカ

スバル・フォレスターの高額買取を目指すなら、ボディカラーの選択は非常に重要です。

 

ボディカラーはフォレスターのフィーリングを決める大きな要素ですから、パッと見て「(普遍的に)カッコいい!」と思われるボディカラーは人気が高く、売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も積極的に仕入れたがりますから、フォレスターの高額買取につながるのです。

 

(※高額買取のコツは、あなたのフォレスターを「他のユーザーが欲しがる」状態に持っていく事です。そうすれば中古車販売店も仕入れたがりますから、高額買取が狙えます。そういう視点を身に着けると、今後ほかのクルマでも高額買取が狙えるようになりますよ!)

 

清潔感と開放感を演出し、見る人の気分を明るくするホワイトと、重厚感と高級感を演出し、見る人に落ち着きと信頼を与えるブラックは、昔から多くの人に受け入れられ、フォレスターのボディカラーにも多く選ばれています。

 

ボディカラーだけで、フォレスターの買取相場がそんなに違うの?

 

管理人もそんな疑問を持って、フォレスターの中古車市場を調べてみたところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとその他のカラー(当然、カラー以外の条件はほぼ同じ)の買取相場におよそ10~30万円以上の差額がついていました。

 

フォレスターの高額買取を目指すなら、ボディカラーはホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

 

 

フォレスターで高い査定が出る人気のメーカーオプションはコレ!

・大型サンルーフ
・本革シート
・パワーリヤゲート
・シルバールーフレール

フォレスターの高額買取を目指すには、新車を製造する時に作りつけるメーカーオプションの選択も重要なポイントとなります。

 

(他のオプションと違って後づけ出来ないため、買取査定のアップにつながりやすいのです)

 

空からの光を取り込み、フォレスターの車内に明るい開放感を演出できる大型サンルーフは年代を問わず人気が高く、オプション金額以上の買取相場アップが期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

 

 

フォレスターの本革シート

本革シート 座ればわかる 上質感(字余り)

 

合成皮革や織物シートの追随を許さない「ホンモノ」な座り心地は、フォレスター車内のハイグレード感を引き立て、使い込むほどしっくりとユーザーの身体に馴染みますから、多少メンテナンスの手間をかけるだけの価値があります(でも、冬は冷たいので、個人的にはシートヒーターも一緒におススメします)。

 

 

フォレスターのパワーリヤゲート

重たいフォレスターのリヤゲート(後部ドア・ハッチ)の開け閉めをサポートしてくれるパワーリヤゲートは、女性や子供、高齢者でもフォレスターの使い勝手が向上するため人気も高く、おススメしたいメーカーオプションの一つです。

 

 

フォレスターのシルバールーフレール

フォレスターの屋根に荷物を固定できるシルバールーフレールは、ユーザーの創意工夫でフォレスターの可能性を広げ、ファッション性も向上させる事から、人気オプションの一つとして買取査定アップが期待できます。

 

また、ルーフレールの装着がフォレスターを海外市場に出すための条件となっていることもあるため、ここは保険の意味でもつけておくとより安心です。

 

これらのメーカーオプションを充実させ、フォレスターの高額買取を実現することはもちろん、ご自身で乗る上でも快適なドライブを楽しんでもらえたらと思います。

 

 

フォレスターの現在の買取相場はここで分かる

 

現在のフォレスターの買取相場を手っ取り早く調べるには、下記の査定サイトが便利です。

 

ネット上で自分の車の買取相場が分かるかんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込むと、現在の中古車相場を反映した買取相場が画面上に表示されます。

 

そのまま複数の買取店へ査定も申し込めるので、ディーラーでは出せない専門店ならではの高額提示が可能です。ディーラーより57万円も高値が付いた例もあります。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場

 

 

フォレスターの買取が安くなってしまう要因は?

 

色による査定の減額

 

査定が減額されてしまう色は?

・アイスシルバー・メタリック
・ジャスミングリーン・メタリック

先ほど「人気カラーのフォレスターは高額買取が期待できる」と言いましたが、逆に言えば「それ以外のカラーのフォレスターは、人気カラーと相対的に買取相場がダウンしてしまう」という事です。

 

新車では人気の高いシルバー系ボディカラーですが、中古車市場では購入するユーザー層の変化により、ニーズが弱くなってしまう(若者はあまり渋い色を好まない傾向にある)ため、フォレスターの買取相場がダウンしてしまうのです。

 

なので上記のカラーは、ホワイト&ブラックの人気2カラーのフォレスターと比べると、5年以内の売却で、買取相場に10~30万円の差額が出ています。

 

個性も尊重したいところですが、フォレスターの高額買取を目指すのであれば、これらのボディカラーは避けた方が無難です。

 

 

修復歴による査定の減額

 

修復歴有

 

フォレスターは全体的に買取相場の高いクルマですが、それゆえにダメージ「修復歴」にはシビアな買取相場ダウンが見られます。

 

特に高年式・低走行など「買取相場の高いフォレスターほど、買取相場ダウンは大きくなる」傾向があるため、注意が必要です。

 

ダメージにもよりますが、修復歴の有無によるフォレスター買取相場を調べてみたところ、実に30~50万円以上の差額=修復歴によるフォレスター売却損失額が出ていました。

 

一瞬の油断で、数十万円の大損です。

 

あなたのフォレスターは、そんな残念なことにならないよう、手放す最後の瞬間まで気を抜かず、セーフティドライブを心掛けましょう。

 

 

輸出によるフォレスターの買取相場は?

輸出によるフォレスターの買取相場は?

・現行(2012年11月~) 100万円以上
・3代目(2007年12月~) 30~100万円
・2代目(2002年2月~)
  
STiバージョン 30~100万円
  それ以外 5~15万円
・初代(1997年2月~) 廃車~5万円前後

過走行や修復歴によって、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのフォレスターでも、海外市場ではニーズがあったりするため、輸出買取相場に出せれば、上記の底値で買取してもらえるチャンスがあります。

 

ここで注意したいのが、フォレスターを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があることです。

 

ディーラーの下取りに出したら、極端に安く査定されてしまうようなフォレスターでも、買取店でなら救ってくれるかも知れないので、諦めずに買取店へ持っていくようにしましょう。

 

ただし、完全に動かないような状態のフォレスターでは、いくら輸出買取相場でも底値を割ってしまうかも知れませんから、少しでも「価値を残す」ことを意識して、安全運転を心がけましょう。

 

 

 

 

フォレスターの買取相場は?フォレスターの下取りと買取相場表

フォレスターの下取りと買取相場表

スバル・フォレスターの買取相場を1年落ち~10年落ちまで調査したデータを、そのリセールバリューと合わせて一覧表にまとめました。

 

新車からの経過年数 2.0i-Lアイサイト 2.0XTアイサイト 2.0XTアイサイト
参考ディーラー下取り相場
新車価格 268.9万円 312.8万円 312.8万円
1年落ち/2016年
現行(MC後)

249万円

(92.5%)

271万円

(86.6%)

243万円

(77.6%)

2年落ち/2015年
現行(MC前)

240万円

(77.7%)

254万円

(81.2%)

226万円

(72.2%)

3年落ち/2014年
現行(MC前)

205万円

(69.5%)

230万円

(73.5%)

202万円

(64.5%)

4年落ち/2013年

現行(MC前)

196万円

(60.6%)

214万円

(68.4%)

185万円

(59.1%)

5年落ち/2012年

3代目

129万円

(59.8%)

137万円

(68.0%)

122万円

(58.8%)

6年落ち/2011年
3代目

108万円

(48.7%)

119万円

(48.9%)

104万円

(39.3%)

7年落ち/2010年
3代目

119万円

(46.8%)

101万円

(36.4%)

91万円

(28.4%)

8年落ち/2009年
3代目

64万円

(32.3%)

74万円

(27.8%)

64万円

(21.4%)

9年落ち/2008年
3代目

47万円

(23.0%)

51万円

(26.8%)

46万円

(20.4%)

10年落ち/2007年
2代目(MC後)

8万円

(19.7%)

12万円

(22.0%)

12万円

(17.2%)

MC=マイナーチェンジ

カッコ内の%は、フォレスターのリセールバリュー(新車価格に対する買取価格の割合)です
上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は1万km/年平均、内外装年式なりの平均的なコンディションのフォレスターを対象としています

 

買取相場グラフ

 

こうして見ると、年式にともなう買取相場の下落に加えて、モデルチェンジ(フルモデルチェンジ/マイナーチェンジ)が大きく影響している様子がわかります。

 

リセールバリューを見ると、3年落ちのフォレスター2.0i-Lアイサイトで69.5%、同じく2.0XTアイサイトで73.5%となっており、これは3年落ち普通乗用車の平均リセールバリュー値(50~55%)と比べてとても高くなっています。

 

よって、フォレスターは買い替えに有利なクルマだと言えます。

 

その後、200万円以上の買取相場が残っているのは4年落ちまでで、5年落ちではフルモデルチェンジの影響で大きく買取相場が下落しているものの、7年落ちくらいまでは100万円以上の買取相場が残っていますから、この辺りまでに買い替えタイミングを計るといいでしょう。

 

ちなみに、参考として2.0XTアイサイトをディーラー下取りに出した場合の相場を表の右端に載せてみました。

 

買取店での買取相場と比べると、ディーラーの下取りの方が最大30万円程度安くなっているのが判ります。

 

管理人もこれまで20台以上のクルマを売ってきましたが、いつも買取店とディーラーの見積もりを比べてディーラーの方が高かったことは、たった2回しかありませんでした。

 

ディーラーと買取店の差額は買取相場の高いクルマほど大きく、損をしてしまうため、フォレスターを売る時は、買取店でも査定してもらって、比較・検討するようにしましょう。

 

 

フォレスターを買い替えるなら高く売れるタイミングで!

フォレスターを買い替えるベストなタイミングは?

 

買取相場から見る1年ごとのフォレスターの損失額は?

 

メーカーオプション(クリスタルホワイト・パール、大型サンルーフ、パワーリヤゲート等)・ディーラーオプション(フロアカーペット、ドアバイザー、ナビ、ETC等25.8万円)・値引き合計26.1万円で「フォレスター2.0XTアイサイト」を購入した場合の総支払額は、諸費用込みで3,550,000円となります。

 

グレード名 フォレスター2.0XTアイサイト
車両本体価格

3,128,760円

メーカーオプション 194,400円
ディーラーオプション 258,552円
ディーラーオプション値引き ▲51,000円
諸費用 234,520円
新車値引き ▲210,000円
総支払額 3,550,000円(端数切捨て)

 

この355万円からその年の買取相場を引いた金額が、フォレスター売却時の損失額となります。

 

損失額の推移から、フォレスター2.0XTアイサイトの売り時を探ってみましょう。

 

新車からの経過年数

フォレスター2.0XTアイサイト

買取相場

売却時の損失額
1年落ち/2016年
現行(MC後)

271万円

84万円
2年落ち/2015年
現行(MC前)

254万円

101万円
3年落ち/2014年
現行(MC前)

230万円

125万円

4年落ち/2013年

現行(MC前)

214万円

141万円

5年落ち/2012年

3代目

137万円

218万円
6年落ち/2011年
3代目

119万円

236万円
7年落ち/2010年
3代目

101万円

254万円
8年落ち/2009年
3代目

74万円

281万円
9年落ち/2008年
3代目

51万円

304万円
10年落ち/2007年
2代目(MC後)

12万円

343万円

上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は1万km/年平均、内外装年式なりの平均的なコンディションのフォレスターを対象としています

 

損失額グラフ

 

上記はフォレスター2.0XTアイサイトの買取相場と、各年落ちのタイミングで買取店へ売った場合の購入価格に対しての損失額です。

 

上記の数値を参考に、フォレスターのベストな買い替えのタイミングを考察してみます。

 

 

車検のタイミングでフォレスターを買い替えるなら

 

2回目の車検時が買い替えのチャンス

 

「次の車検、通すの面倒だし、業者頼むと高いし、ウチのフォレスター、いっそ買い替えた方がお得かなぁ……?」

 

そう考えているフォレスターユーザーの方も、結構多いのではないでしょうか。

 

では、実際にスバル・フォレスターを車検のタイミングで買い替えるなら、何回目の車検で買い替えるのがよりお得なのか、上の表データを基に検証してみましょう。

 

まず、車検回数(1回目~4回目)ごとのフォレスター売却損失額とその年当たり額、そしてそれぞれの前回比を表にまとめ直します。

 

 

車検

損失額の合計

(前回比)

年当たり損失額

(前回比)

1回目
(3年落ち)

125万円

(+125万円)

41.6万円

(+41.6万円)

2回目
(5年落ち)

218万円

(+93万円)

43.6万円

(+2.0万円)

3回目
(7年落ち)

254万円

(+36万円)

36.2万円

(-7.4万円)

4回目
(9年落ち)

304万円

(+50万円)

33.7万円

(-2.5万円)

 

こうして見ると、1回目(3年)から2回目(5年)にかけては年当たり損失額が大きくなっており、これはフォレスターに長く乗ることによるお得(損失の分散)よりも買取相場の下落が大きいためで、せっかく長く乗っても損してしまうのでは割に合いませんね。

 

その後3回目(7年)、4回目(9年)と年当たり損失額が下がっていくので、車検のタイミングでフォレスターを買い替えるなら、3回目(7年)でフォレスターを買い替えるのがいいでしょう。

 

ちなみに1回目(3年)の買い替えだと、フォレスターの買取相場が230万円も残っているのは確かに魅力ですが、年当たり損失額が大きく、ちょっと経済的な負担が重すぎる感じがします。

 

また、4回目(9年)の買い替えだと、確かに年当たり損失額は10年以内で最も小さくなるものの、フォレスターの機械的なトラブル=修理コストの発生や、モデルチェンジによる買取相場の更なる下落リスクが大きくなります。

 

なので、ここはお得感(100万円以上の買取相場が残っています)とリスク対策のバランスがとれた3回目(7年)のタイミングでフォレスターを買い替えるようおススメします。

 

 

走行距離を目処にフォレスターを買い替えるなら

 

走行距離を目処にフォレスターを買い替えるなら

 

スバル・フォレスターの買取相場は、コンディションの悪化に対してデリケートな反応≒買取相場の下落を示します。

 

走行距離を1万km/年ペースを前提として話をすると、5万km辺りをキッカケに、買取相場が大きく下がり始めます。

 

その後、7万km、10万kmという節目でフォレスターの買取相場は下がり続けていくので、走行距離をフォレスター買い替えの目安とするのであれば、5万km、7万km、10万kmが近くなったら、フォレスターを手放すか、乗り続けるかの判断が必要となります。

 

 

年式が古くなってフォレスターを買い替えるなら

 

どのクルマでもそうですが、スバル・フォレスターは、年式が古くなるほど買取相場が下がっていきます。

 

それでも、3~4年落ち以内の売却なら200万円以上、7年落ち以内なら100万円以上の買取相場が残っているため、慌てて手放すことなく、じっくりと高額買取の条件を整え、チャンスを狙うことができます。

 

ただし、それはコンディションが良好に保たれていればの話になります。

 

スバルの人気車種であるフォレスターは、多少年式が古くても高く売れますが、状態が悪いと買取相場が大きく下がってしまうので、年式よりもむしろコンディションを維持するべく、日頃から大切に乗るようにしましょう。

 

 

モデルチェンジのタイミングでフォレスターを買い替えるなら

モデルチェンジのタイミングで買い替えるなら

モデルチェンジはスバル・フォレスターの買取相場に大きな影響を及ぼしますから、フォレスターの買い替えを検討する時の大きな目安の一つとなります。

 

モデルチェンジは大別すると、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2つ(後の細かい分類は割愛)があり、それぞれ意味合いやフォレスターの買取相場に与える影響が違って来るのです。

 

フォレスターの内外装やエンジン等の仕様を刷新し、完全な別モデルとしてリニューアルさせるのがフルモデルチェンジで、フォレスターを部分的に改良し、内外装のデザインやエンジン等の仕様を(外観やスペックは大きく変わる程度に)更新するのがマイナーチェンジです。

 

フォレスターの買取相場に与える影響としては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

 

これらのモデルチェンジは、フォレスターの見た目はもちろん、乗り心地や使い勝手、ドライビングなどカーライフを大きく変えることから、ユーザーの人気が動いて新旧フォレスターの買取相場に大きな影響を及ぼします。

 

上の表データで見ると、マイナーチェンジの前後で10~30万円以上、フルモデルチェンジの前後では30~70万円以上もフォレスターの買取相場に影響を与えているのがわかります。

 

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃して(ヘタなタイミングでフォレスターを手放して)しまうと、これだけの金額を損してしまうリスクがある、という事になります。

 

では、モデルチェンジのタイミングはどう掴むのか、と言えば、事前に情報が出ています(当サイトでも随時更新中です!)。

 

モデルチェンジによってフォレスターの買取相場が下がり始めるのは、モデルチェンジが入る半年前からと言われていますから、モデルチェンジのタイミングでフォレスターを買い替えるなら、半年前~3か月前を目安にフォレスターを売却するようにしたいものです。

 

 

不人気色、過走行のフォレスターなら買い替えずに乗り続ける選択も

 

過走行や修復歴、微妙なカラー等々……。

 

これらのような「誰が見ても買取相場の大幅ダウンが予測される」状態のフォレスター、あなたならどうしますか?

 

ここで多くのユーザーは「こんなフォレスター、早く手放して、カーライフをリセットしたい!」とか、これに類するような事を考え、行動しようと焦りますが、ちょっと待って下さい。

 

どんなクルマもそうですが、高年式など「買取相場の高いフォレスターほど、ダメージ(買取相場ダウン)が大きい」ことを思い出しましょう。

 

ここはあえて、そのフォレスターに乗り続けるのも「手」です。

 

一台のフォレスターに長く乗り続ければ、年式相応に買取相場が下がっていき、やがて輸出買取相場(底値)に到達します(例:2代目モデルのフォレスターでも5~15万円程度)。

 

そうなれば買取相場ダウンのダメージは相対的に小さくなっていますから、もう怖くありません。

 

とことん乗り倒したフォレスターは、クルマとしての元も取れているでしょうし、時間を稼いでおカネを貯めることもできるでしょう。

 

そのおカネを次のクルマ購入資金に充てれば夢(クルマ選びの選択肢)も広がりますし、今度こそ幸せなカーライフを実現しましょう。

 

ただし、これはあくまでも「きちんと乗れる・走れる」状態のフォレスターを対象とした話ですから、うっかり底値を叩き割ってしまわないよう、日頃からフォレスターを大切に乗って価値を残すように心がけましょう。

 

 

フォレスターを買い替えるなら何月に売るかも考慮する

 

中古車買取相場グラフ

 

フォレスター、大切に乗っていますか?いいですね。

 

しかし残念ながら、あなたがフォレスターをどれだけ愛し、大切に乗ろうと、時の流れ=年式に応じて買取相場が下がってしまうのは、仕方ないことです。

 

でも、一年間でこそトータルで下がっているフォレスターの買取相場だって、一年間の中で見れば、必ずしも毎月下がっている訳ではないのです。

 

時期によっては、下がるばかりでなく、横ばいだったり、逆に上がったりすることもあるのです。

 

売却するのは、まったく同じあなたのフォレスター。

 

でも、フォレスターを売る時期によって、あなたが手にする買取金額が違ったら?

 

そりゃもう、高く売れる時期に売りたいですよね。

 

それでは、以下にフォレスターの「売り時」を紹介します。

 

あなたがフォレスターの高額買取を成功させ、今までフォレスターに注ぎ続けた愛が報われますように。

・大きく下がる12月
 クリスマスに冬休み、お正月……長期休暇を前にワクワクしている人も多い中、中古車販売店はあんまりワクワクしていません。

 なぜなら「年をまたいで在庫を抱えたくない」ため、中古車の仕入れに熱が入らないからなのです。

(クルマは高い買い物なので、仕入れてすぐ売れる保証はありません。となれば保管にコストがかかるし、盗難や災害などのリスクもあります。そして何より、縁起が悪そうでヤなのです!)

 当然、業者オークションも沈みがちで、しみったれた落札価格があなたのフォレスターを直撃。買取相場がダウンしてしまうのです。

 だから、12月(特に後半)にフォレスターを手放すのは、おススメできません。

・横ばいとなる9~10月
 暑い夏を乗り切って、中間決算期を迎える9月は、中古車市場も活気を取り戻します。

 その活気は、今まで下がり気味だったフォレスターの買取相場をちょっぴり押し戻し、およそ横ばい状態にキープしてくれます。

 なので、他の時期に比べると、相対的にフォレスターの買取相場が高めになる、という仕組みです。

 ですから、夏から秋ごろにかけてフォレスターを売ろうと考えているなら、9~10月がおススメです。

・フォレスターを売るなら、1月~3月第1週で決まり!
 お待たせしましたっ!(でしょ?)

 一年間で最もフォレスターの高額買取が期待できる時期がやって来たのです。

(ちょうどフォレスターを売ろうと考えていたあなた、ラッキーですよ!)

 年度末決算による中古車市場の活性化に加えて、4月から始まる新年度・新生活に向けた中古車ニーズの高まりを受けて、業者オークションも活性化。

 その活況ぶりには、それまでの下落を押し返してフォレスターの買取相場を上昇させる勢いがあるため、あなたのフォレスターも、高額買取が期待できる、という訳です。

 年末にフォレスターを手放すくらいなら、もう少しだけ待ってお正月に売った方が、より高額な買取金額を手に、満足感あふれる新年が過ごせるかも知れません。

ただし、もし事前にモデルチェンジの情報が入っている場合は、この限りではありません。

 

モデルチェンジがフォレスターの買取相場に与える影響は、時期的な相場変動よりも大きくなるため、フォレスターの買取相場が下がってしまう前に、なるべく早くフォレスターを売却するようにしましょう。

 

 

フォレスターの買い替えは、何年ごとがお得?

フォレスターの買い替えは何年ごとがお得?

スバル・フォレスターを買い替えるなら、何年ごとに買い替えるのがよりお得なのでしょうか?

 

これまでのデータを基に、1年落ち~10年落ちまで、フォレスターの買取相場下落と車検&タイヤ交換のコストを含めた売却時の損失額を試算しました。

 

今回はその中から、特徴的な4年後・9年後のデータをピックアップします。

 

  4年ごとの買い替え 9年ごとの買い替え
損失額(年当たり額)

159.4万円(39.8万円)

351.8万円(39.0万円)

買取相場下落

▲141万円

▲304万円

車検

1回

3回

タイヤ交換 1回 2回
故障リスク
モデルチェンジリスク
10年後損失額 398万円 390万円

 

【前提】
※年間走行距離は約1万km、修復歴はなしとする
※車検は一回11万円とする
※タイヤ交換は約3万km≒3年ごとに行い、一回7.4万円とする
※損失額=買取相場下落+(車検×回数)+(タイヤ交換×回数)で算出

 

こうして見ると、フォレスター2.0XTアイサイトを9年間乗り続けると、4年ごとに買い替えた場合と比較して8万円の節約になるのがわかります。

 

5年間で8万円……確かに「チリもつもれば」が節約の基本ですが、その5年間で、数字に出てこないリスクが大きくなることを忘れてはいけません。

 

一台のフォレスターに5年間長く乗り続けることで、機械的なトラブル=修理コストの発生や、モデルチェンジによってフォレスターの買取相場が大きくダウン=売却損失の拡大するリスクを考えると、8万円のお得では割に合いません。

 

また、フォレスターを売却した時に得られるおカネについても、4年落ちだと214万円の買取相場が残っているのに対して、9年落ちでは51万円と1/4以下しか残っておらず、そのお得感は段違いとなるでしょう。

 

何より、同じ期間で最新モデルのフォレスターに乗れる機会が2倍以上と考えれば、その満足感は比べ物になりません(仕事でもプライベートでも、新車に乗れるのは嬉しいものです)。

 

これらを総合すると、フォレスターを買い替えるタイミングは、4年ごとがおススメです。

 

(※ただし、これはモデルチェンジ直前で買取相場が高く残っていることが前提の試算であり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまった場合は、その前のモデルチェンジ直前となるタイミング(今回は9年ごと)を狙うのも手です)

 

さて、フォレスターのお得な買い替えタイミングがわかったところで、次にフォレスターのお得な買い替えを実現するポイントについても押さえておきましょう。

① 走行距離は1万km/年ペースを維持する
② 外装をぶつけたり、内装を汚さないよう、大切にのる。
③ 購入する時は高額買取を考えた人気カラー&メーカーオプションを選択
④ 買取査定にプラスとなりにくいディーラーオプションはつけない
⑤ 購入する時は、最大限に安く買う(交渉には根回しが大事)
⑥ 売却する時は、最大限に高く売る(テクニックを身につけよう)

これらのポイントをマスターすれば、どんなタイミングでフォレスターを売却しても、その損失額を最小限に抑え、お得感を引き出すことが出来るでしょう。

 

特に④のディーラーオプションは、フォレスターの買取査定にプラスとならないため、ナビゲーションやフロアマット、ドライブレコーダーやシートカバー等は、お得な社外品で揃えて初期費用を節約しましょう。

 

フォレスターに適合する社外品はこちら

 

また、⑤のフォレスター購入時の値引き交渉ノウハウは、専門ページ「フォレスター・一発値引き交渉術」で紹介しています(見てね!)

 

そして⑥のフォレスター高額買取を実現するテクニックについては、下記の「フォレスターを高く売る方法」が参考になるでしょう(なります!)

 

 

下取り車でサボると大金を損する?

フォレスターを下取りよりも高く売る!

下取り車があるなら、下取り車の処理をキッチリやらないと、数十万円からの金額を損する事があります。

 

特に下取り車をディーラー任せにしている人は、要注意です。

 

例えば150万円の相場がある車を120万円でディーラーに査定され、そのまま下取りに出したら30万円も損することになります。

 

これは決してオーバーな話ではなく、実際に頻繁に起こりえる事です。

 

しかし損しないで下取り車を売ることは、実は非常にかんたんです。

 

下取り車の価値によっては、フォレスターの値引きよりも多く下取り車の価格が上がるケースもあります。

 

下取り車を損なく売らないと、せっかくのフォレスターの値引きもパーになってしまうので、そうならないためにも下取り車はしっかりと売りましょう。

 

 

ディーラーの査定を信じるな!

 

まず最初のディーラーの査定金額は信用しないようにしましょう。管理人も何度も経験がありますが、初回のディーラーの査定金額は、かなり安く見積もられています。

 

以前ムーヴを下取りに出した事がありました。

 

次の車を買う時に、ディーラーでムーヴを査定してもらいましたが、初回の査定では10万円でした。

 

10年落ちの車だったので、「特別に10万円付けました」のセールスマンの言葉を信じていましたが、とにかくお金がなく次の車を安く買いたかったので、ダメ元で買取店の査定も試してみました。

 

買取店の査定サイトで申し込んでみると、ディーラーで10万円と言われたムーヴが、なんと30万円の価値がついたのです。

 

カービュー査定

 

これにはびっくりして、さすがにセールスマンに電話しました。

 

すると「店長と相談しましたが、今回決めてくれるなら27万円で下取りさせていただきます」との返事が!

 

実に初回の査定金額10万円から27万円へアップしたのです。これにはびっくりですよね。

 

申し込んだ査定サイトから買取店にも査定してもらいましたが、「お客さんのムーヴはカスタムなので、値段はまだ残ってますよ?」と言われました。

 

通常のムーヴなら10万円程度ですが、ムーヴカスタムなら28万円は出せるとこ事でした。同じムーヴでも全然違いますね・・・

 

今回は1万円の差だったので、手間がないディーラーに下取りに出しました。

その時の契約書です。

 

 

結局、初回のディーラー査定から17万円もアップしました。

 

やったことは、買取店の査定サイトに申し込んで出た買取相場をディーラーに伝えただけです。これだけで17万円も次の車を安く買えたので、下取り車があるならやらない手はないですね。

 

30万にも満たないムーヴでも17万円も変わるので、100~300万円以上の車なら30万円以上変わっても不思議ではありません。

 

フォレスターの値引き交渉が苦手でも、下取り車があれば十分フォレスターを安く買うことが出来ます。

 

今回利用したかんたん車査定ガイドは非常にオススメです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

フォレスターを安く買うなら?


値引き交渉が苦手でも安く買えるフォレスターの購入術です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。


>>フォレスターの値引き交渉術はこちら

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スバル フォレスター情報WEB All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com