フォレスターの口コミ・評価!フォレスターのレビューを紹介

 

フォレスター 口コミ

 

フォレスターの口コミ、評判をまとめて紹介します!(現行モデル)

フォレスターの口コミ 目次
フォレスターの外装、スタイルについて フォレスターの室内、収納等について
フォレスターの走行性能について フォレスターの乗り心地について
フォレスターの燃費について フォレスターの価格、値引きについて
フォレスターの装備について フォレスターの維持費について
メーカーのセールスポイント フォレスターのカタログ
あなたの愛車は今いくら? 自動車保険の節約

 

  フォレスターの外装、スタイルについて

 

  • 洗練された飽きの来ない、そして普遍性を感じる大人のデザインです。エクストレイルと比べてボディーカラーは白が似合うと思っています。
  • コンパクトなSUVを探していたところXTの厳ついエクステリアに一目惚れしフォレスターを選択しました。
  • 派手さはありませんが、無骨な外観は大変気に入っています。ブラックにしましたが、やはりSUVはブラックが格好いいです。ルーフレール付、サイドバイザー無にしたのも正解でした。
  • 派手さはないですがワイルドでシンプルなデザインが良いと感じました。
  • 最近のSUVの中では、フォレスターのデザインは質実剛健といった感じがして非常に好みです。XTのエクステリアも好きですが、ターボの必要性&維持費等を考慮してNAに落ち着きました。
  • 最初はターボに比べて大人しいかなと思ったが、今はスマートで飽きのこないデザインだと思っています。18インチアルミホイールはお気に入り!
  • イカツくて速そう。武骨なデザインがなんとも言えずカッコいい。
  • 精悍な感じのエクステリアは頼もしい印象で良いです。18インチアルミホイールも単純にカッコいいですね。
  • 最初はXTのような精悍な印象がなくて物足りなく感じたが、現在ではシンプルで飽きのこないデザインだと思います。(X-BREAK)
  •  

      フォレスターの室内、収納等について

     

  • 高級感もありませんが、価格的に充分かな。
    本革シート:座り心地は悪くなく腰も痛くならないので満足してます。
    イルミネーションパッケージ:車内のアクセントになっていますが、価格が高かった。
    カーゴトレーマット:釣りやスノボに行くので必須です。ただ、結構キズが目立ちます。素材をもう少し考えた方がいいかも。
    小物入れ:確かに少ないですね、もう少し工夫がほしいです。
  • シートのオレンジステッチがGoodです。高級感を出そうとゴテゴテする車が多いなか、シンプルで飽きないです。
  • ドライビングポジションからの高い解放感、前方・後方の良好な視界(視認性)と居住スペースはクラス(350万円以下で購入可能なSUV)トップレベルと感じます。
  • メガネホルダーや、カードホルダー等付けられそうなところが沢山あります。メーターまわりは良いです。見やすいし、きれいですね。一目で気に入りました。
  • 荷室の積載性も必要十分で、大人5人の登山用大型パックを余裕で積み込めますし、リアシートをたたむと自転車が載ります。荷室高があってたくさん詰めるということは、普段の生活でもとても便利です。
  • 室内は十分な広さがあります快適です、荷室もそれなりに使い勝手が良くて使いやすいです。
  • X-BREAKは撥水加工のシートやラゲッジボード、オレンジステッチの内装など「使える道具」的な仕様。
  • スポーツカーじゃ無いのでXTのメーターやアルミのペダルよりバイザーやグローブボックス等の照明が欲しかったです。白いキズがすぐ付いてしまうのもイマイチな部分。 冬場のシートヒーターは好評です。
  • 高級感はありませんが、無骨でSUVらしいインテリア。収納は少な目でちょっと不便。夜間のメーター、エアコンダイヤルの光はかなりカッコイイと思います。ナビの位置が低く運転中、視線を落とさなくてはいけないので危険です。
  • ドアスイッチの箇所だけインテリアパネルがない。こういった細かい部分も気が配られているともっと高級感があるた気がします。カーナビの取り付け位置がやや低く見づらいですね。
  • よくできていますが、何と言ってもチープ感は否めません。もう少し重厚感の演出が必要だと感じます。特にドアのインパネは商用車並みで、オーディオの音質に悪影響を及ぼしています。
  • カーナビの位置が低い。収納スペースが少ない。
  • 普通です。高級感はないと思います。もう少し収納スペースがあるといい。
  •  

      フォレスターの走行性能について

     

  • CX-5と比較して軽快。NAエンジンはパワーがガツンとはきませんが、カタログ数値以上に感じる力強さが好印象。水平対向エンジンのためか振動も小さく、カーブでもロールが少ない印象。エンジン始動時はアイドリングの音がやや大きく感じます。
  • 発進時、2000rpm超えるとターボが効き、Iモードでも街乗りには十分な加速が得られます。S、S♯は主に高速で使用しましたが、特にS♯の加速は凄いです。怖いぐらいの加速を見せます。高速の合流でS使ってIで流してます。(ターボ)
  • FB20エンジンは、低速から高速まですこぶるスムース且つ思いのほかパワフル。1.5トン近い大きなボディーでも軽々と感じます。
  • 高速は安定、山道もしっかりとして安心です。100km/時を越えてももちろん安定していて長距離走行が楽です。またアイサイトは特に前車追随のクルーズコントロールが便利で、車線逸脱警告もあって安心。長距離走行が断然楽になりました。これは良いです。
  • FRと違い安心感が半端ない、雨や雪でも緊張せず走れます。コーナーも思ったよりロールせず曲がってくれます。
  • 高い位置から見れるので、前方の視界がとても良く、運転がとてもしやすいです。
  • 直進安定性の高さは高速などでの安心感につながります。
  • 峠道でもストレスなく走り、不快なロールも感じません。道路状況でSIドライブを使い分ければ、更によく走る。パドルシフトでの加速・減速が便利です。ステアリングの切れ角が大きいためか?思ったよりも小回りが利く印象。
  • エンジン性能が良く、大人5人が乗って走っていてもストレスを感じることは滅多にありませんでした。
  • しっかりした足回りとフルタイム4WDによる悪路に強い走りは、異常気象の多い昨今にはありがたい存在。カーブ続きでもを不自由なく攻め込めるコーナリング性能。足回りがしっかりしている。
  • エンジンパワーがあり、AWDと言うこともあって走りには非常に満足です。これで雪が降っても安心。
  • 走破性を重視してその他を求めてはいけない車。走るためのアイテム。
  • とにかくオールラウンダーでバランスが良く、高速も、悪路も自在に走れます。特に最低地上高200mmは、オフロード走破には欠かせません。ひとりで山の中に入る時の安心感が違います。
  • 超低速域から高速域までトルクフルでパワフルなエンジンで、どこから踏んでも力強く加速するのでストレスを感じずとても扱いやすい。
  • NA2.0リッターの仕様ですが、トルクを低回転寄りにセッティングされているため、スムーズに加速していきます。現状では全く不満はありません。
  • なんと言っても、ターボの加速感がハンパない!ちょっと踏み込んだだけでスーっと加速。背中が押し付けられる感覚は飛行機の離陸時のよう。
  • 低回転域からトルクがあると思います。
  • このクルマの最大の美点はスバルが永年育てて来たAWD技術から得られる安定性だと思います。豪雨時、積雪時、強風時の安定感には他では得がたいものがあります。突風の伊勢湾岸道でも全く不安を感じたことは無いし、豪雪で40センチ位の積雪がある東名足柄あたりもスタッドレスタイヤで何の問題も無く普通に通行できました。
  • アイサイト想像してたより優れ物、ふとしたときに助かることがあります。悪路の走破性は見事、安心感が大きいです。
  • 安定感バッチリ。路面に張り付くような感覚です。クルコン追従システムも疲労軽減できて素晴らしい。
  • 雪道は試乗車でしか体験していませんが、X-MODEは感激でした。急な上り坂でもスリップせずに普通に発進できました。また、カーブでも安定しています。
  • アイサイトは長距離走行の疲労軽減に非常に有効です。減速時の自動ブレーキがもう少しマイルド(ふんわり)な効き方のほうがいい。
  • 足回りが非常に硬く、路面での段差があると、突き上げ感がかなりありました。
  • 初めてのSUV車だったから慣れの問題かもしれませんが、バック駐車時に不安を感じました。そのためバックカメラの他に、コーナーセンサーも追加しました。
  •  

      フォレスターの乗り心地について

     

  • 少し硬めが好みでもあるが、長距離走行しても疲れません。
  • 硬いと言われていますが、個人的にはあまり気になりません。18インチホイールのせいか、ロードノイズはありますが、普段は音楽をかけているのでまったく気になりません。
  • 最も大切なシートの出来がとてもよく、丸1日乗っても腰に疲労感が無いのはありがたい。座面・シートバックともに大きいのが良いのでしょう。
  • シートの座り心地も不満無し。良くできていると思います。静粛性は良いですね。
  • 乗り心地は非常にしなやかで快適です。低速域のハーフスロットルでひょこひょこするのは、CVT特有のジャダー(=ガクガク感)なので、これは何とかして欲しいですね。
  • 多少ゴツゴツしますが、山路ではロールも少なく程良い乗り心地です。
  • シートは柔らかめですが、ホールド感は高いですし、腰痛持ちには助かります。車高の高い車にありがちな、ブレーキ時にゆすられる感じも少ないと思います。
  • 現代のクルマとしては異常に乗り心地が固い。 路面の凸凹をよく拾って突き上げ感がある。後部座席では、妻や子供に「この車では寝れない」と苦情が来る。今は低反発シートの上に高反発シートを重ねて乗せている。
  • 高速道路とかは快適ですが、低速時はかなり路面の凹凸を拾います。ユッサユッサ揺れる感じがします。
  •  

      フォレスターの燃費について

     

  • 街乗りで6-8km/L、高速で12-13km/L
    1,800ノンターボの前車とほぼ同じくらいの燃費なので2,000ターボを考えるとまずまずの燃費かな。
  • 街乗りで10km前後、ちょっとの遠乗りで14km前後。今のところ満足です。
  • 4駆SUVでパワーと車重まで考えれば燃費は良い方だと思います。
  • 市街地のみだとリッター9~10km、高速のみだと13~17km、満タン法の計測で平均12kmくらいです。2リッターのSUVと考えれば十分良い燃費だと思われます。
  • 2000km走行で11km強。高速が多かったのですが満足です。
  • 通勤を含む街乗り12キロ以上。高速だと15キロ以上。ハイブリッドでもなく、フルタイムAWDで1500㎏近い車重を考えれば、良いですね。
  • 街乗りで10~13キロ 高速なら15~17キロ。
  • エコ運転に努めたらローカルな国道で18km/lを記録しました。都市部でも10kmはいきます。こればっかりは運転の仕方でかなり変わると思いますが、フルタイム4WDにしては満足な燃費です。
  • 実装燃費は夏タイヤで渋滞の無い高速道路をクルーズコントロールで90km/h程度で流した場合に17km/l程走ってくれます。アベレージを100km/lまで上げると1割り程度燃費が低下するようですがカタログスペックから予想した以上の燃費ですので満足です。
  • ※参考 フォレスターの実燃費

     

      フォレスターの価格、値引きについて

     

  • 当サイトの実例値引き額も参考にどうぞ☆
  • アイサイトなどの安全装置、水平対向エンジン+AWD、X-MODE、特別仕様装備を考えれば高いとは思いません。
  • 素晴らしいエンジン、アイサイトが付いてほぼ300万はバーゲンプライスではないでしょうか?
  • アイサイト付き、剛性感、この装備を備えてですと、コストパフォーマンスは良いです!
  • 間違いなく、ハイコストパフォーマンス!
  • 総じてコストパフォーマンスは高いです。
  • アイサイト付でこの価格は満足です。
  • アイサイト、Xモード付きでこの値段なら買いでしょ。
  • これだけの装備がついて300を切る値段でしたので満足です。
  • 全体的なスペックと比較して車両価格は安く感じる。
  • アイサイト付、ITSスポット対応カーナビ付き、税金込みで300万の大台ちょっと越えは安いといっていいでしょう。
  • このスペック、装備でこの価格はお買い得だと思います。ヘタななんちゃってSUV買うくらいなら絶対にフォレスターをオススメします。
  • ※参考 フォレスターの中古車相場

     

      フォレスターの装備について

     

  • アイサイトで渋滞時の精神的な披露が軽減されました。
  • 今年の冬は寒かったので、シートヒーターは大変有用でした。
  • シンメトリーAWDということで見た目に分かるものではありませんが、これってかなりの優れものです。まだ体感するとこまでいってませんが雪道や悪路では横にスライドすることなく走ることができる万能なシステムですね。
  • 荷物を載せると暗くなるトランク。(照明は上に付けるべき)パワーリアゲートのスイッチの位置が悪い。
  •  

      フォレスターの維持費について

     

    ※参考 フォレスターの維持費

     

      メーカーのセールスポイント

     

  • 全方位SUV、乗る人の行動力を刺激する走破性、操る歓び、使いやすさ、新時代に相応しい燃費性能や安全性能。あらゆる愉しみに対応し、あらゆるシーンで信頼できる。
  • どんな道でも安心して走れる。SUBARUが誇る4輪駆動システム「シンメトリカルAWD」と、新たな制御システム「X-MODE」。この組み合わせが、他のSUVでは真似のできない圧倒的な走破性を発揮。運転スキルに関わらず、様々な道で安心感に満ちた走りを愉しめます。
  • もっと楽しく、もっと低燃費に。新世代BOXERと鍛え抜かれた足回り。SUBARUの新しいエンジン「新世代BOXER」が、力強い加速と低燃費を実現。直噴ターボ搭載モデルでは、さらにパワフルでスポーティな走りを愉しめます。それに加え、鍛え抜かれた足回りがもたらす乗り心地は抜群で、ハンドリングも思いのまま。
  • 先進技術が生む、別次元の安心感、アイサイト(ver.2)。運転中、気がつくと前のクルマに急接近していたり、長い渋滞に巻き込まれて疲れたり。誰もが経験するそんな危険やストレスを、フォレスターは最新のテクノロジーによって軽減。目的地までの移動を、もっと安全で愉しいものにします。
    先進の運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載。危険が迫った時は自動ブレーキで停止し、渋滞時は前のクルマについていくことで疲労を和らげ、安全運転をサポートします。その別次元の安心感と快適なドライブを味わったら、もう他のクルマには戻れません。
  • スマートに使える。スムーズに積み込める。スイッチひとつでスマートに開閉できる「パワーリヤゲート」を用意。手にいっぱいの荷物を抱えている時や離れた場所からでも、ラクに開閉できます。大容量を確保したカーゴルームは、シートアレンジも自由自在。いろいろな荷物をたっぷりと、スムーズに積み込めます。
  • ※参考 メーカーホームページ

     

    >> フォレスターのカタログ

     

    >> あなたの愛車は今いくら?

     

    ⇒フォレスターを徹底評価!カラー、内装、グレード、オプション、口コミ、デメリットはあるか?

     

     

    スポンサーリンク

    PAGE TOP

    copyright©2009-2017 スバル フォレスター情報WEB All Rights Reserved
    Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com