フォレスターを安く買う一発値引き交渉!

 

一度の交渉でフォレスターから目いっぱい値引きを引き出して契約する作戦です。

 

安くなる購入時期に合わせてこのフォレスター一発交渉を仕掛ければ、成功する可能性は十分にあります!

 

まず、フォレスターを短期決戦で交渉する前の心構えです。

 

・フォレスターの購入は急いでいないが、値引き条件次第では即決する
・希望する購入条件にならなければ、フォレスターを買わない

 

車がすぐに必要な人などには気の持ちようが違うと思いますが、例えそうだとしても上記のような心理状態で交渉する事が大切です。

 

このフォレスター一発交渉を成功させるには、事前の情報収集が重要です。

 

フォレスターの購入グレード、購入するオプションの選択、フォレスターの値引き額、下取り車があれば下取り車の相場チェック、などを詳細に調べてからフォレスターの希望支払額を決めます。

 

あまり現実離れした金額では、「それは出来ません」で終わってしまいますし、逆に平凡な条件ではあまりメリットはありません。

 

下取り車があればいくら位の金額が出るのか?おおよその相場が分かればそれを元に予算を組んで、フォレスターのグレード選び、オプション選びが出来ます。

 

そしてフォレスターの車両からの値引き額、フォレスターのオプションからの値引き額(20%引き前後は一般的に狙えます)、無料サービスでつけてもらうオプション、納車費用や車庫証明費用のカット、下取り車の希望価格、諸費用など全てを考慮に入れて、希望の総支払額をはじき出し、それをフォレスターのスバル店へぶつける事になります。

 

フォレスターの値引きや下取り車の相場、諸費用など事前にネットや雑誌で調べると良いでしょう。以下が参考になります。

 

下取り車の相場チェック
かんたん車査定ガイド(一度に複数の買取店へ無料査定)
当サイトの下取り車を最高値で売却しよう!も参考に


フォレスターの最新目標値引き額
当サイトのトップページ


フォレスターの実例値引き額
フォレスター実例値引きデータ

 

フォレスターの諸費用を知る
新車購入時には車両本体価格以外に諸費用が掛かります。(自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税・自賠責保険・納車費用・手続き代行費用・法定費用・自動車リサイクル料金)


概算諸費用:276,845円

 

そして、安くなる購入時期を参考に決算期やボーナス商戦、年末商戦、月の20日前後、土日のフェア開催中、日曜日の夕方、などのタイミングを見計らってフォレスターの各スバルディーラーへ行きます。

 

そして一例ですが、商談になったらこの様な感じで切り出してみましょう。

 

「実はエクストレイルの商談をしていて、商談は最終局面です。ほぼエクストレイルに決まりかけていたのですが、フォレスターもいいなと思い、来てみました。車種には特にこだわりはないので、もしも要求する条件がOKならエクストレイルを断って、この場でフォレスターを契約したいと思います。ダメならエクストレイルにします。ズバリ総額○○万円なら契約します!」などとやります。

 

うまく行けば一回の交渉でフォレスターの大幅値引きをゲットできます。「ダメなら購入しない」と言うスタンスでいきましょう。

 

失敗する可能性もありますが、失敗したら他のスバルディーラーで試す事もできます。

 

もし購入を急いでいないのなら、「○○万円の値引きになれば、(総額○○万円になれば)契約します。この条件で出来る時に連絡を下さい。」「月末などで頑張れる時があれば連絡ください」など宿題作戦もありです。

 

これを決算期前やボーナス商戦前に複数のディーラーにやっておけば、台数が欲しい状況になった時にセールスさんから連絡が来るかもしれません。(実際に成功するケースは多々あります)

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スバル フォレスター情報WEB All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com