フォレスターの値引き交渉が苦手な人でも安く買える購入術

 


※出典:フォレスターsubaru.jp

 

フォレスターを安く買いたいけど、値引き交渉はあまり得意ではない・・・と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方に出来るだけ値引き交渉をしないで、フォレスターが安く買える方法を紹介します。ぜひご参考下さい。

 

 

オプションのグレードアップで値引きの上乗せを

 

オプションのグレードアップ作戦とは、ひとつ下のグレードのオプションを選んで、契約直前にオプションのグレードを上げて、支払額を変えずに契約する方法です。

 

例えば、18.9万円のカロッツェリアのカーナビを選んど置いて、契約直前にパナソニックのナビ(23.7万円)に変更して、支払額を変えずに契約を迫る方法があります。

 

契約直前にやることで、セールスマンも「あ~ここまで来たらもうやってしまえ!」と契約が取れるなら勢いでOKを出してしまう可能性が高いです。

 

他にもETCをETC2.0へグレードアップ、通常色から有料色のホワイトパールへ変更など、上乗せ金額=値引きアップとなるので、金額を調整しながらグレードアップさせるオプションを選択しましょう。

 

フォレスターの値引きが限界付近に達していれば、10万円分のグレードアップはさすがに厳しいので、数万円のアップに留めるとか、フォレスターの値引きにまだ余力があるなら、グレードアップさせる金額を多めに取るとか調整しましょう。

 

その時のフォレスターの値引き状況を見ながら、グレードアップさせるオプションを選択すると良いでしょうね。

 

 

希望金額でフォレスターを購入するための3つの言葉

 

あらかじめフォレスターの値引き金額とオプションからの値引き金額をシミュレーションして、フォレスターの購入希望価格を出しておきます。

 

フォレスターの値引き金額は、当サイトの最新のフォレスター目標値引きを参考にしてください。毎月調査して、実勢に合った目標値引きになっています。

 

オプションからの値引きは、スバルはオプション値引きが多くなる傾向なので、オプション総額から30%分を値引き金額とします。

 

以上をシミュレーションして、購入希望価格を出したら、以下の3つのうちのどれかを選んで、スバルのセールスマンに伝えます。

 

※例として総額305万円を目標とします。

 

・「隣の県のスバルでは305万円の条件が出ています。300万円になればこちらで契約します」

・「エクストレイルが305万円で購入できます。フォレスターがエクストレイルより安くなるなら、フォレスターを購入します」

・予算は300万円です。300万になれば契約するので、フォレスターの値引きを頑張ってもらえませんか?」

 

以上のように、他のスバルやライバル車が目標金額となる305万円で買えるとなれば、それよりも安くして契約を取ろうとするのがセールスマンです。

 

当サイトのフォレスターの目標値引き額を参考にしているなら、決して無理な金額ではないので、条件を飲んでくれる可能性がとても高いでしょう。

 

 

下取り車でサボると大金を損する?

 

下取り車があるなら、下取り車の処理をキッチリやらないと、数十万円からの金額を損する事があります。

 

特に下取り車をディーラー任せにしている人は、要注意です。

 

例えば150万円の相場がある車を120万円でディーラーに査定され、そのまま下取りに出したら30万円も損することになります。

 

これは決してオーバーな話ではなく、実際に頻繁に起こりえる事です。

 

しかし損しないで下取り車を売ることは、実は非常にかんたんです。

 

下取り車の価値によっては、フォレスターの値引きよりも多く下取り車の価格が上がるケースもあります。

 

下取り車を損なく売らないと、せっかくのフォレスターの値引きもパーになってしまうので、そうならないためにも下取り車はしっかりと売りましょう。

 

 

ディーラーの査定を信じるな!

 

まず最初のディーラーの査定金額は信用しないようにしましょう。管理人も何度も経験がありますが、初回のディーラーの査定金額は、かなり安く見積もられています。

 

以前ムーヴを下取りに出した事がありました。

 

次の車を買う時に、ディーラーでムーヴを査定してもらいましたが、初回の査定では10万円でした。

 

10年落ちの車だったので、「特別に10万円付けました」のセールスマンの言葉を信じていましたが、とにかくお金がなく次の車を安く買いたかったので、ダメ元で買取店の査定も試してみました。

 

買取店の査定サイトで申し込んでみると、ディーラーで10万円と言われたムーヴが、なんと30万円の価値がついたのです。

 

カービュー査定

 

これにはびっくりして、さすがにセールスマンに電話しました。

 

すると「店長と相談しましたが、今回決めてくれるなら27万円で下取りさせていただきます」との返事が!

 

実に初回の査定金額10万円から27万円へアップしたのです。これにはびっくりですよね。

 

申し込んだ査定サイトから買取店にも査定してもらいましたが、「お客さんのムーヴはカスタムなので、値段はまだ残ってますよ?」と言われました。

 

通常のムーヴなら10万円程度ですが、ムーヴカスタムなら28万円は出せるとこ事でした。同じムーヴでも全然違いますね・・・

 

今回は1万円の差だったので、手間がないディーラーに下取りに出しました。

その時の契約書です。

 

 

結局、初回のディーラー査定から17万円もアップしました。

 

やったことは、買取店の査定サイトに申し込んで出た買取相場をディーラーに伝えただけです。これだけで17万円も次の車を安く買えたので、下取り車があるならやらない手はないですね。

 

30万にも満たないムーヴでも17万円も変わるので、100~300万円以上の車なら30万円以上変わっても不思議ではありません。

 

フォレスターの値引き交渉が苦手でも、下取り車があれば十分フォレスターを安く買うことが出来ます。

 

今回利用したかんたん車査定ガイドは非常にオススメです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

 

フォレスター 初心者でも出来る値引き交渉術!

 

以下でもう少し突っ込んだフォレスターの値引き交渉術を紹介しています。

 

参考程度にお時間のある時にでもご覧ください。

 

 

フォレスターとライバル車の競合

 

フォレスターから値引きを引き出す最大のコツは、ライバル車との競合です。

 

ライバル車とフォレスターのどちら(どれを)を買うか?と迷っている状況で、値引き交渉をしていきましょう。

 

ライバル車と競合させれば、フォレスターのセールスさんは「安くしないとライバル車に取られてしまう」と言う心理が働いて、こちらの値引き要求に答えてくれるようになります。

 

フォレスターのライバル車は、「日産エクストレイル」「ホンダヴェゼル」「マツダCX-5、CX-3」「三菱アウトランダー」などがあります。

 

これらの車種はフォレスターと価格帯が同じSUV車なので、競合させればスバルのセールスさんは無視できないでしょう。

 

「エクストレイルにするかフォレスターにするか迷っている」「ヴェゼルの支払額がフォレスターより安くなったので、迷っている」などと伝えれば、値引きアップのきっかけになるでしょう、

 

 

初回の商談へ!ディーラーへ行こう

 

商談するディーラーは、出来れば多いほど値引き交渉では有利になります。

 

多くのディーラーと商談すれば、今値引き出来るディーラーと商談できるチャンスが膨らみます。

 

さらに、ディーラーAの値引きをディーラーBにぶつけて値引きアップ!ディーラーBの値引きをディーラーCにぶつけて値引きアップ!と言った競合効果が高くなります。

 

多くのディーラーと商談するのは疲れますが、フォレスターの値引きをアップさせる基本のコツなので、頑張って回ってみましょう。

 

競合交渉をする事により、10万円から場合によっては20万円以上フォレスターの値引き額が変わって来ることがあります!

 

上記のライバル車やスバルのディーラーへ行ったら、新車の見積もりを出してもらいます。その際はオプションは取り敢えず必要最小限にしておきます。

 

オプションをシンプルにすることで、違う車種同士で金額の比較がしやすくなります。

 

見積もりをもらったら、値引きがどの位なのか確認します。見積書に値引きの記載がなければ、「どの位値引きが出来るか?」聞いてみましょう。

 

5万とか、10万とか、20万とか言われるかもしれません。値引き額を確認したら次のディーラーへその値引き額を伝えましょう。

 

「ヴェゼルは15万引きでしたが、おたくはどうですか?」などと伝えれば、それに対抗した値引き条件を出してくるかもしれません。

 

そうして出た値引き条件をまた次のディーラーへ伝えていきます。そしてライバル車のディーラーを全て回ったら、最後にフォレスターのスバルディーラーへ行きます。

 

そしてこれまでで一番の値引き条件をスバルのセールスさんに伝えて、「フォレスターの値引きも頑張ってください!」とフォレスターの値引きを要求します。

 

 

予算を聞かれたら

 

ディーラーと商談している時に、セールスさんによっては予算を聞いてくることがあります。

 

契約目前の最終段階じゃなければ、予算を伝えるのは控えましょう。仮に予算を言ってしまいと、オプションや下取り金額などで調整されて予算内に収められてしまい、フォレスターの値引き額が増えなくなる事があります。

 

ただ「今月は台数が厳しいので出来るだけ頑張ります!」とセールスさんが明らかに契約欲しさに焦っているようなら、いくらなんでもこれは無理かな?と思う条件をぶつけてみても良いでしょう。

 

本当に台数が欲しい状況なら、そのまま通ってしまうこともあり得ます。あるいはその条件に近い所まで頑張ってくれることも。

 

そうでない場合、様子見の雰囲気なら「安ければ安いほどいいですね~」などと返しておきましょう。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、フォレスターの値引き交渉と並行して下取り額の上乗せも要求していきます。

 

その場合は、「総額でいくら」ではなく、「値引き○万円」「下取り○万円」ときっちりと分けて交渉します。

 

序盤から総額の交渉になると、いざ契約内容をみると値引きも下取りも大した金額ではなかった、なんて事もあるので、値引きと下取りは分けて商談することをお勧めします。

 

 

フォレスター同士の競合も

 

これまでフォレスターとライバル車との競合を基本に商談をしてきましたが、上手く値引きが出ない場合や、もっと値引きが欲しい時は、スバル同士の競合もやってみましょう。

 

スバル同士の競合とは、経営する会社が異なる他県のスバルディーラーと商談することです。

 

これまでの商談で出たフォレスターの値引き条件を、今度は越境して他所の県のスバルディーラーにぶつけると、「フォレスター対フォレスター」となって、単純に金額での比較になり、フォレスターの値引きの上乗せが実現しやすくなります。

 

また、隣の県のスバルは遠いと言う場合は、サブディーラーと競合させると、同士競合と同等の効果が得られるでしょう。

 

サブディーラーとは、スバルの新車も売っている「整備工場」や「中古車販売店」などです。「サブディーラー対スバルディーラー」でも、非常に効果が高いでしょう。

 

 

ハンコを捺す前の最後の一押し

 

フォレスター同士の競合を仕掛ける頃には、もう契約目前まで条件が煮詰まっていると思います。

 

そこで最後にハンコを押す前の最終条件をセールスさんに伝えましょう。

 

「総額○○万円になれば契約します」とこちらの予算をセールスさんに伝えます。この時希望の予算から5万円や10万円ほど少なめに要求する方法があります。

 

例えば予算が300万なら、「295万になれば契約します!」と伝えれば、「295万は厳しいので300万でどうでしょう?」と希望予算に収まったり、何らかの妥協案を出して来ることがあります。

 

妥協案を出されたらそれで納得しないで、こちらからも妥協案を提示します。

 

「ではメンテパックをサービスしてください」「コーティングを半額でやってください」などと数万円~10万円以内のサービスなら、ハンコを押す前の最後の条件として通りやすくなります。

 

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用などの手数料カットなどを付け加えてみるのも良いでしょう。

 

そして自分で納得できる値引き条件になれば、フォレスターの契約となります!

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は下取り車を最高値で売却しよう!で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スバル フォレスター情報WEB All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com